(株)紀州本庄 うめよし

子どものように
育てています。

梅農家でもある私どもは、
もちろん自社農園でも南高梅を育てています。
丁寧に剪定から害虫駆除、青梅の収穫など1年を通して
丁寧に愛情を込めて作業しています。
うめよしの梅作りの工程を簡単にご紹介いたします。

  • 開花

    美味しい梅干しを作るために土壌づくりはとても重要です。大事に手入れされた梅の木は、2月上旬頃に綺麗な花を咲かせます。

    開花
  • 収穫、選別

    6月中旬に収穫が始まります。
    黄色く完熟したものを収穫するのが美味しさの秘訣!一粒ずつ丁寧に収穫された梅は、粒のサイズごとに選別されます。

    収穫、選別
  • 漬け込み

    大きなタンクに梅と塩を交互に入れ、塩漬けし、1ヶ月以上寝かせます。

    漬け込み
  • 土用干し

    梅雨明けの7月下旬ごろから天日干しを行い、梅の実全体に太陽の光をたっぷりあてます。干し上がった梅は、サイズ、規格ごとに樽に詰め保管されます。

    土曜干し
  • 洗浄・選別

    ここから味付けの為の2次加工に入ります。丁寧に水で洗浄し、規格外のものが混ざらないように選別されます。

    洗浄・選別
  • 調味

    脱塩タンクに入れ余分な塩分を取り除いた後、それぞれ味付けした調味タンクに約2週間漬け込みます。

    調味
  • 検品・容器詰め

    漬けあがった梅干を、一粒ずつ検品しながらパック詰めします。南高梅は皮が薄く柔らかいのが特徴です。手作業で一粒ずつ丁寧に詰め仕上げていきます。

    検品・容器詰め
  • 出荷

    心を込めて製造した梅干しを、一つ一つ大切にお客様のもとへお届けします。

    出荷